奈良の社会保険労務士(社労士)事務所です。奈良・大阪を中心に活動!

代表からのメッセージ

平城人事労務オフィスは、経営者及び従業員の力を最大限引き出すために、雇用に伴うわずらわしい業務、「ヒト」に関する問題を一手に担う社会保険労務士事務所です。

特に「給与計算を含めた事務の代行」で経営者が事業に専念できるお手伝いがしたい、「いつでも気軽に相談できる窓口」であることで、経営者の悩み・心配事、孤独を一緒になって解決していきたいという思いから開業しました。

書類の作成、給与計算等の事務手続きは、頻繁に改正される法令や保険料率への対応が面倒なだけでなく、経営や生産的活動のための時間を大きく費やしてしまいます。税務関係の書類や手続きは税理士におまかせしているのと同様に、人事労務関係の書類や手続きは社会保険労務士におまかせください。経営者の負担を削減し、事業に専念できる環境作りをお手伝いします。 就業規則は会社の憲法といわれ、企業のルールを明文化したものです。常に最新の法令に対応し、なおかつ経営者の思いを反映したものにしておかなければ、トラブルが発生してときに思わぬ損失を被ったり行政機関の監査指導の対象になってしまいます。雇用契約や規程など雇用に関するルール作りはすべて社会保険労務士である私におまかせください。

また、個別労働紛争が年々増加しています。起こってしまったトラブルへの対応やもちろんですが、トラブル予防のための規程の整備や適正な労務管理も重要です。さらには管理職研修やOff-JTの活用など人材育成という攻めの姿勢こそが強い企業体質につながります。企業の大きな戦力である従業員が安心して働くことができる職場作りを含めて私がバックアップします。

社会保険労務士に業務委託すると費用がかかるとの声があります。事務手続きは従業員や経営者自身でまかなえますし、規程のひながたはインターネットで簡単に入手できます。では、専門家に業務委託する最大のメリットは何かといいますと、法律知識に基づいた提案だと考えます。言い換えれば、企業に適した制度の活用、トラブルに強い労務管理への改善、経営者を支える従業員の成長を促す人事体制の構築など、経営者にとっての頭脳になることだといえるでしょう。 個人的な意見ですが、社会保険労務士は法律家でありながらも、決して先生と呼ばれるような遠い存在ではありません。むしろ、経営者の身近な存在だからこそ、組織や団体ではなく私個人が責任をもって貴社のお手伝いをさせていただきたいのです。

社会保険労務士 釜谷 大輔