奈良の社会保険労務士(社労士)事務所です。奈良・大阪を中心に活動!

【2024年版】これまでに掲載した事業所だより

2024年1月掲載

【GoTo釣り堀】

伊勢』…2023年は釣りの年になりました。しまあじ一尾という残念な釣果でしたが、いろいろハプニングが経験できて楽しかったです。独り立ちまでもう少しというところでしょうか。今年は、よりアウトドアな一年にしたいので、ゴルフにも挑戦です。

 

【GoTo読書】

13階段』…高野和明さんのデビュー作。江戸川乱歩賞ということで、先に購入していた「ジェノサイド」より早く読んでしまいました。死刑制度、法の裁きとは、犯罪関係者の心理など、考えさせられる作品。展開のスリリングさとあいまって、今年最初の一冊として満足の本でした。
夜市』…恒川光太郎さんのホラー小説。といってもドロドロしいホラーではなく、不思議な世界に誘われるホラー小説でした。特にお話しそのものが美しいともいえる世界観をもっていて、怖さとファンタジーの絶妙な作品でした。読後はフリーマーケットや古道を歩きに出かけたくなります。
カラフル』…森絵都さんの作品。よく本屋でおすすめされている本です。メルヘンチックな雰囲気の中、テーマは重くもあり、生きることに悩んでいる人の背中を押してくれそうな作品でした。人生で道を見失うようなときに読むと、タイトルどおり世界が色づきそうで、さまざまなことを教えられる物語。「西の魔女が死んだ」に通ずるものがありました。
※年末に、7・8年ぶりに大阪の紀伊国屋書店へ行きました。蔵書数の多さが天国ともみえてしまい、思わず大量購入してしまいました。本当に危険な場所です…。