奈良の社会保険労務士(社労士)事務所です。奈良・大阪を中心に活動!

【2024年版】これまでに掲載した事業所だより

2024年2月掲載

【GoTo神社】

伏見稲荷大社』…2024年の初詣は、京都伏見稲荷大社を隅々までまわってきました。稲荷山が思った以上にきつい坂で、体力不足を改めて痛感。でも気持ちのよい参拝巡りとなりました。お守りやお札ではなく、今回は、「清めの砂」や「達成の鍵」などを参拝時に購入してみました。電車で行ったので、読書もはかどり満悦した初詣となりました。

 

【GoTo読書】

正欲』…映画化にもなる朝井リョウさんの作品。少し極端ではなるけど、多様化にも含まれないマイノリティは、多様化の中のマイノリティからも疎外される現実、そしてマジョリティ側にいてもうまくいかない人の疎外感。正しさとは何か…を考えさせられます。読後はなんか人生観が広がったかのような気がしました。
むらさきのスカートの女』…今村夏子さんの芥川賞受賞作。特に事件が起こるわけでもない日常の中で、人を見る視点と見られる視点がいつの間にか逆転するような流れに不思議な感覚になります。変な人に興味をもって追い続けていたら、いつのまにか自分が変だったという感じですね。
あなたが誰かを殺した』…東野圭吾さんの近作。加賀恭一郎シリーズです。加賀刑事、きちんと仕事します。最後の展開が、どんどんめくれていくような感覚で、読んでいて高揚しっぱなしの後半でした。どの作品もそうですが、ページが止まらない読みやすさはすごいです。

 

2024年1月掲載

【GoTo釣り堀】

伊勢』…2023年は釣りの年になりました。しまあじ一尾という残念な釣果でしたが、いろいろハプニングが経験できて楽しかったです。独り立ちまでもう少しというところでしょうか。今年は、よりアウトドアな一年にしたいので、ゴルフにも挑戦です。

 

【GoTo読書】

13階段』…高野和明さんのデビュー作。江戸川乱歩賞ということで、先に購入していた「ジェノサイド」より早く読んでしまいました。死刑制度、法の裁きとは、犯罪関係者の心理など、考えさせられる作品。展開のスリリングさとあいまって、今年最初の一冊として満足の本でした。
夜市』…恒川光太郎さんのホラー小説。といってもドロドロしいホラーではなく、不思議な世界に誘われるホラー小説でした。特にお話しそのものが美しいともいえる世界観をもっていて、怖さとファンタジーの絶妙な作品でした。読後はフリーマーケットや古道を歩きに出かけたくなります。
カラフル』…森絵都さんの作品。よく本屋でおすすめされている本です。メルヘンチックな雰囲気の中、テーマは重くもあり、生きることに悩んでいる人の背中を押してくれそうな作品でした。人生で道を見失うようなときに読むと、タイトルどおり世界が色づきそうで、さまざまなことを教えられる物語。「西の魔女が死んだ」に通ずるものがありました。
※年末に、7・8年ぶりに大阪の紀伊国屋書店へ行きました。蔵書数の多さが天国ともみえてしまい、思わず大量購入してしまいました。本当に危険な場所です…。